SUPERCHUNKと共演した2019年が暮れていく、2020年もよろしくお願いします本当に

暮れゆく2019年。
みなさんにとってはどんな1年だったでしょうか。

Hello Hawkとしては、リリースはなかったけれど、アルバム2枚のサブスクでの配信開始と、僕らのバンド名の由来ともなったSUPERCHUNKとの共演が、大きなトピックだったと思う。
(アイドルSKOOLGIRL BYE BYEに岡田が歌詞を提供して、バンドでオケの演奏&録音、というのもあったけど、最近活動休止してしまった…)

もう1か月以上経ったけど、今さらながら振り返ると、SUPERCHUNKとの共演は、本当に夢のようというか、演奏してる最中や、終わって彼らの演奏を見ている時も、ずっと興奮しっぱなしだった。

View this post on Instagram

なんと感想を言って良いのかわからないんですが、演奏終わって楽屋戻ったらSUPERCHUNKのメンバーがgreat!とかいろいろ言ってくれたとき、Hello Hawkとバンド名をつけて、この日まで続けてきて本当に良かったなと思いました。 これだからやめられないですねほんと! 夢の企画を実現してくれたLIKE A FOOL RECORDS辻くん、BADNEWS。最高のギター弾いてくれた田渕ひさ子さん、今日も素晴らしい音を作ってくれたPA兼岡くん、撮影のハブランチョおじさん。みなさん本当にありがとうございました! 久々に見にきてくれた友だちもたくさんいて嬉しかったです。泣けた。 Big thanks to SUPERCHUNK! We will respect you forever! @macsuperchunk #SUPERCHUNK #hellohawk

A post shared by sts_hllhwk (@sts_hllhwk) on


バンド名をつけたときは、SUPERCHUNKと共演できるとか、そんなことは全然考えてなかった。
でもそれから何年後かに、初めて彼らのライブをO-WESTで見たとき、「Hello Hawk」を演奏していて、それを聞きながら僕は「この曲をバンド名をつけたからには、いつか共演するべきだ!」と(勝手に)思ってはいて。
ただどうやって実現させたらいいものか、その筋道が自分ではよく描けていなかったので、今回こんな形で話が舞い込んできたことがとても意外だったし、念願叶ったりで本当に嬉しかった。

あらためて、この奇跡的な共演の実現を働きかけてくれたLike A Fool Records辻くんには感謝してもしきれないし、辻くんからの提案を快諾してくれたBAD NEWS久保田さんにもめちゃくちゃ感謝してます。 

Like A Fool Records辻くんから、「ヤバめの相談があるのであとで電話していいですか」ってLINEがきた時は、「なんかリリースの話かな」とか、「お店で年末アコースティックライブまたやるのかな」とか、SUPERCHUNKのスの字も思い浮かばなかった。

でもLike A Fool Records企画でHello Hawkがオープニングアクトするって、今考えても愛にあふれた組み合わせで最高すぎる。

ちなみに来日に寄せてコメントもさせてもらい、まだこちらで読めます。


ライブ当日、FEVERのエントランスで物販の準備をしてたら、「マックがHello Hawkのメンバー探してるよ」って言われて、マジか!と思いながら楽屋に戻る。
なんかちょこちょこマックとも話をしたけれど、何を話したかはあんまり覚えてなくて、もっとちゃんと話しとけば良かった、と今さらながらに後悔。
ただしサインとか写真はキッチリお願いできて、そこだけは我ながら完遂できて、ミーハー魂を炸裂させてよかったなと思う。

(調子に乗って、今しかない!と思い、Hello Hawkが収録されてるCOME PICK ME UPにもサインもらいました)


ちなみにSUPERCHUNKは、めちゃくちゃ自然体というか、とてもフランクだったし優しかった。僕らのライブも別に見ないんじゃないかなーとか思いきや、まさか袖で見ててくれて、なんて良い人たちなんだ!と感激。

僕は行けなかったのだけど、翌日もFEVERでライブがあって「昨日共演した友だちの曲だよ(意訳)」とのMCから「Hello Hawk」を演奏してくれたと聞き、めちゃくちゃ感動した。
なんて良い人たちなんだ!

この動画の冒頭でMCが聞けます。


ちなみに自分たちの演奏のときは、感動しながらも楽しすぎて、ニヤニヤしていた気がする(あとちょっと泣いた)。
18年ぶりの共演(18年前にナンバガとSUPERCHUNKが共演してたんです!)が見たすぎて、ひさ子さんにゲストで出てもらったけど、やっぱり最高にテンション上がって、本当にお願いして良かった。
Photo by Machida Chiaki

SUPERCHUNKとの共演が、バンド年表に太文字ででっかく書けるトピックだったのは間違いないなーと思う。
行き当たりばったりかつマイペースな活動でやっていても、続けていたらこんな良いことがあるんだと感じたし、やってて良かったと心底思えた瞬間だった。

ただ、これで終わるのはもったいないので、まだしつこく続けたいなと思っています。
それこそ、SUPERCHUNKがなおも新作を出し続けながら、ピョンピョン飛び跳ねてライブをしているのを見て、「あーこれは僕らも続けていかねば!」と、O-WESTでまた(勝手に)思ったのだった。

せっかくこんなことがあったので、アメリカとか行ってみたいですね。また台湾も行きたいし、韓国や中国ツアーもしてみたい。日本国内もまだまだいってないところばかりだし。まずは次作のリリースかな。ZINEもまた作ろう。

ゴールではなく新たなスタートなんだと勝手に認識してるので、これからも楽しみたくさんですわ!


SUPERCHUNKのときにMCでも話したのだけれど、その共演から10日ほど後に、無事子どもが生まれました。

誕生の現場は終始凄まじく、奥さんの大変さは想像以上なものだったんだけれど、それゆえに生まれてきたときの感動もまたひとしおだった。

https://www.instagram.com/p/B5c1fe1J9YA/?igshid=uo51yie7kab6

生まれるまでは、正直あまり自分が父親になるということがうまくイメージついてなかったのだけれど、いざ子どもがこの世に出てきて、初めて恐々と抱っこしたとき、そのか弱さに「この子を守っていかねば」という気持ちが湧いてきて、これが父親としての自覚なのかもしれないなと感じた。
ずっと大きくなるお腹やエコー写真など見ていたけど、実際いざ目の前にしてみると、「自分の遺伝子を継いだ命が本当に存在する」という驚きというか興奮というか戸惑いというか、言い表しきれない不思議な感覚があった。

今は2人してこの小さな命にかかりっきりで、家庭内はなかなかバタつきまくってる。いつも家では、録画し溜めた番組を見まくるのを楽しみにしていたけど、それも封印(でもM-1だけはがんばって2人で見た)。
すべて初めてのことで戸惑いながらも生活してる毎日。
成長もめちゃめちゃ早い。

なのでバンド活動がしばらくよりマイペースになることが予想されますが、バンド年表に次なるトピックを刻むため、これからも続けていくので、まだまだよろしくお願いしたいです。2020年はスロースタートになりそうだけど。


2019年はライブの数は決して多くなかったけど、その分、1本1本が濃いものだったと、今一つずつ振り返っても思います。まだまだ新しい出会いもあるし、いつもライブ見てくれるHawkヘッズたち(今初めて使ったし、ダサい)たちには感謝しかないです。
ライブ来れないみなさんはぜひ音源を擦り切れるほど聴いてくれ。

ありがとう2019、またよろしく2020ということで、良いお年を!







カテゴリー: Blog | コメントする