投稿者「中塚 聡」のアーカイブ

サマーエンヅを存分に感じてくれブラザー

小学生の頃って、夏休みは永遠の長さに感じられたもので、いくら大学生が2か月も夏休みがあったって、小学生のころのサマーネバーエンズ感はとてつもない。

しかし、8月が終われば、夏は終わる。

ビーチからは、まぶしい水着のガールズやギラギラしたボーイズたちは消えて、沸きに沸いた海の家も閉まっていく。ああ終わる。
ドラえもんでいうと、のび太くんが夏休みの宿題を一発で終わらせる道具をねだるころで、ドラマのビーチボーイズでいうと、マイク真木が波に飲まれて溺れるころ。 それが今。
ああ終わりを感じざるを得ない。

夏の終わりの切なさを噛みしめるのが好き、みたいなことを前に書いたけれど、大体まさに今そんな感じで。ただ、特に例年ほど切ない感じもしない。まあでも悪くない。
そして見事に陽に焼けてない夏休みを過ごした私。

さて、みなさんはどんな夏を過ごしたのでしょうか? と、唐突に聞いてみる。


こないだ平日の昼間に地下鉄に乗ってたら、たぶん中国から来たと思われる旅行中の家族連れがいて、思わず自分の思春期の頃を思い出した。
両親と2人兄弟という我が家と同じ家族構成で、兄弟ともに高校生くらいの印象なのだけど、とにかく2人ともそろって仏頂面で黙ってるし、いかにもツマラなそうにしてるのだ。
お兄ちゃんなんて一心不乱にスマホいじってるし。

ああーわかる、わかるわー。兄弟、お前らの気持ちはわかるよー。
自分の記憶がフラッシュバックする。
思春期差しかかってからの家族旅行って、どうにもこっ恥ずかしい気持ちが出てきちゃうから、
ついついツンツンしてしまいがちな気がする。
原因はきっと、親と出かけることへの恥ずかしさから来る、無駄な自意識。

思春期オーバー・ザ・ワールド! 思春期は今、国境を越えて。
我が家でも兄弟そろってそうだった。旅行一つとってみても、やれ遠すぎるとか、逆に近すぎるとか行き先にケチつけてみたり、行ったら行ったで、手際の悪さとか段取りの間違いを指摘したりと、まあ理由もなく何か色々言った気がする。
でも本当は、旅行を楽しみにしてるし、素直に楽しみたいのだ! ツンデレか!
修学旅行でヤンキーがつまらなそ~うにしてるくせに、奈良でシカ見た瞬間とか、ふとしたタイミングでテンション上がって年相応にハシャぐ、あの感じ。あれを学校でやらずに家庭で実施するのが、非ヤンキー系のリアル反抗期スタイル! めんどくさいな。ちょっとかわいいけど。

少年たちよ、人生の先輩としてひとつ言わせてくれ。
世間は、お前たちが思うほど、お前たちのことを気にしてはいないんだ。もっと素直に楽しんでいいんだぞ! そんな自意識に絡め取られて旅行を満喫できていないとしたなら、もったいない! あと、親御さんが困る! そして夏は終わる、夏は終わるんだ! ジャパンを適度に楽しんでいけよ! 

と、なぜか飯田橋で降りて行った彼らの背中に、心の中でエールを送ったという話。

大人になると、それなりに夏のけだるさや切なさを、舌で転がして嗜んでみたりもするものですが、少年少女の夏は突っ走ってってほしいと思う次第で。

だからあのあと兄弟たちが楽しんで帰ってたらいいな、と思う。


そして夏の終わりに富山から届いた北陸のマイメンDKXO氏のMIXがとても良かった。
このサウンドクラウドで聴けます。
夏の終わりにジャストフィット。畳に寝転がって網戸越しの風感じつつ聴きたい。

そして今日からセプテンバー。


カテゴリー: Blog | コメントする

プレイバック! 先週末の関西!

先週末は、大阪へ。
長々とプレイバック!

金曜の夜に新宿を高速バスで発った我々は、
奇跡的に盆渋滞を回避しつつ、翌朝にはしっかりと京都へ着いたのであった。

そう、ライヴは大阪だけど、京都へ前乗り。
朝からスタジオ入り練習したのち、bed山口くん、OUTATBEROくらもちさんと合流。
通称「スタンド」と呼ばれてる定食屋に連れてってもらい (オムメンチライスみたいなのうまかった!) 、その後はくらもちシェアハウスでゆったりしながら、主にくだらない話に花を咲かせる。
夜、すぐ近くの出町柳ソクラテスへ、odd eyes企画。
2年前に東京SSと初めて京都にライヴしに来たのがこの場所だったので、ちょっとノスタルジー。
この日、初めて見たHalf Sportsというバンドがとても良くて、アルバム買ってしまった。

その後、ベロ加藤くんと、銭湯へ行く。この銭湯はもともとそんな広くないうえ、近所に住んでる体育会系と思しきガタイのいい学生がたくさん来てるので、よけいに狭く感じる (つまり圧迫感) !
しかし銭湯の気持ちよさには変わりはない! 風呂上りに、ジンジャーエール買って飲んだらいつもの味(つまり最高)!
寝る前にmy letterおざーさんが一瞬来訪。(いい意味で)どうでもいい話をして帰ってった。



翌日!
初めての京阪電車に乗って心斎橋へ。withくらもちさん。
リハ前にCARD先輩たちと前打ちと称して、どろ焼きを食べに行く。
やはり関西の粉もの文化は奥深いですな。お好み焼き的なものを出汁につけて食べるどろ焼きは、うまかった!CARDとはゆっくり話す時間ないことが多いので、今回は本番までけっこう時間あって話せたのが嬉しかった。しかしそんなにマジメな話はしていない。何を話したか、細かいことは忘れたけど、最後が性癖の話だったことだけは覚えている。

ライヴは全バンドたっぷりの演奏。
folioは初めて見たけれど、リハでボーカルの方が、The Appleseed castの曲をつま弾いてる辺りですでにテンションが上がったうえ、ライヴもバカテク&エモーショナルでかっこよかった!

僕らは、初めてのPangeaにやや緊張しながらの演奏。序盤硬かったが、何とか持ち直せたのではないか、と思う! しかし関西で多めに曲演奏ができたことは嬉しかった…!

CARDは、京都レコ発に引き続き、全曲披露ライヴ!
アルバム出てからずっと聴き込んでいるけれど、あらためてライヴで聴いても、やっぱりいい曲が多い…。大声こそ出さないけれど、心の中では熱唱しつつライヴを見ていた。レコ発呼んでもらってありがとうございました!

その後はのんびりしたいところだけれど、その日の内に夜行バスに乗って帰らねばならない。
慌ただしく挨拶をすませて、カントクとpangeaを後に (伊藤氏は、盆休みでこの日は帰らず) 。
ギリギリだったのでヒヤヒヤしたけれど、なんとか乗車。
関ジャニ公演帰りと思われる女子であふれる高速バス乗り場から、東京へ発ったのであった…。

あっという間の2日間。
京都を中心に、関西へはけっこう行く機会あるけれど、いつも特に観光めいたことしていなくて(というかする時間無い)、でも、今回みたいに、行ったら友だちがいて、くだらない話して、メシ食ったり酒飲んだり(僕は飲めないけど)何でもない感じでダラダラっとできる感じはとてもいいなーと思う。音楽的な交流ももちろんだけど、こういうつながりができていくことこそ、バンド続けてる中でグッとくる醍醐味だったりする。ありがたや…。

あーこれでしばらく関西遠征ないのかなーと思うと寂しげではありつつも、その感慨がまた次なる楽しみへもつながっていくのだ。


カテゴリー: Blog | コメントする

METEO からの OSAKA へ想いを HASERU

何やら昨日今日と涼しいので、すごしやすいなーとは思いつつ、もうこれで秋の足音近づいてきたとかだったら、早すぎて切ないなとも思ったりで、まだまだ暑くってもいいなと個人的には感じている今日この頃。夏は、ある程度までなら、カーッと暑い方がいいのだ。


メテオナイトは最高だった。

僕らは7th floorのフロアーで(ステージじゃないってこと)、夕暮れちょい前くらいに演奏。
後ろに開いた大きな窓からは、円山町のラブホ街と夏の空が見えて、気持ちよかった。
けっこうな緊張をしつつやりだしたのだけれど、場所とお客さんとメテオナイトの高揚感とかもろもろの要素がまざったのが功を奏してたのか、とても雰囲気が良い中で演奏できた。
後半、あまり予期してなかったほどの盛り上がりと、緊張が解けた気の緩みと、メテオナイト出られた嬉しさで、演奏しながらちょっと泣いたという。
しばらくライヴお休みなので、その前にこういういいライヴできて、本当に良かったな。
あらためてみなさん、ありがとうございました。(池田くん写真ありがとう!)


メテオナイト自体もだいぶ楽しんだ!
2年前に行って以来だったけれど、今回は出演しときながらも、そのときと同じくらいのバンド数見た気がする。久々に見たTIALAが本当にヤバかった。柿沼さんが本当に恐かった(ホメ言葉)。
今回から、新たに会場として追加された7th floor も、いい空気を出してたんじゃないでしょうか。
ラストのFOLK SHOCK FUCKERSの盛り上がりとか、まさにこの会場が加わってこそのものだなと思ったし。あと、改めて出演者として参加してみて、いい意味で「ほっときっぱなし」みたいな空気がとてもいいなあとも思った。
less than TV ありがとう! 来年もまたあるといいな、メテオナイト。
ボロフェスタと一緒で、たとえ自分が出なくても、またお客さんとして行きたい、って思わせる、魅力的なイベント。そう思った。


あと、3日のレコ発とこの日と、透明雑誌に再び出会えて嬉しかった。
みんな言うけど、本当に人柄最高なんだよな~。
ビンスが会うたびに日本語うまくなってて驚く。俺も英語上達させたい。
はたのくんやフジロッ久のみんな今回もツアーサポートお疲れ様でした!
僕らも、来年こそはきっと行きたい、台湾。違う国でのライヴもしてみたい。
そしておいしいご飯と、かわいい台湾ガール。最高だ!
音源が完成したら、実現させよう。




そして今週末はいよいよCARDのレコ発大阪編!

*********************************************
CARD / BANQUET リリースツアー
2012年8月12日(日)
@心斎橋pangea

CARD / BANQUET リリースツアー 大阪編

Act:
CARD
Hello Hawk
folio

OPEN/ 18:30 START/ 19:00
ADV/ 2500円 DOOR/ 2800円
*********************************************

この日は割とみんなたっぷり演奏だと思うので、ぜひ!
僕らは今年はひょっとしたら関西遠征もうないかもしれないので、ぜひ!
とにかく、ぜひ!

CARD大好きすぎるので、レコ発呼んでもらえるなんて嬉しすぎる。
音源の端正さと比べると、ライヴはやや激しめなところも、グッとテンションあがるポイント。
folioも初めての対バンで、とても楽しみにしております。

CARD先輩!


カテゴリー: Blog | 2件のコメント