投稿者「中塚 聡」のアーカイブ

実録! 「中の男やろ」と呼ばれて

先日の話。
朝の6時30分、携帯電話が鳴った。知らない携帯の番号からだ。
この時間に電話がかかってくることがほぼないので、ちょっと驚きつつ、
眠かったので、出たくないな~と思ってやり過ごしてたら鳴りやんだ。

と思ったら、また鳴った。
何か仕事とか緊急の電話だったらマズいなと思って、思い切って出る。
僕が「はい」と言いながら電話を取ると、

「中(なか)の男やろ。アホな中の男やろ」

関西弁で、おじいさんのかすれた声が聞こえてきた。
怒ってるってほどの強い口調ではなかったけど、言い方は切迫している感じだ。
ギョッとしながらも「間違ってると思いますよ」と伝えると
ちょっと落胆した感じの声で「すんまへん」と言って
おじいさんは電話を切った。

朝っぱらから何なんだ! と思いつつ、
自分のトラブルの電話じゃなかったことに
とりあえず安堵してたら、またかかってきた。
「またかよ!」と思ったので、
今度は電話に出るなり、僕から「間違ってますよ」と伝える。
おじいさんは、「あっ」と弱々しく言って、すぐ電話を切った。

これで安心と思っていたら、また同じ番号から着信が。
さすがにもう出る気がしなかったので、ほっといて寝てしまった。
それから着信は無くなった。


起きてから、あの電話はなんだったんだと、あらためて考える。

「吉田さんですよね」とか、別の人の名前を言われたのなら
わかりやすい間違い電話だと判断がつく。
でも、おじいさんが話したかったのは、あくまで「中の男」だったのだ。

僕はいきなり「間違ってますよ」と言ってしまったけれど、
もしかしたら自分が「中の男」だったのか…何らかの意味で
(名字にも「中」がつくし)。
とはいえ、「中の男やろ」と言われるほどの要素はないような。
やっぱり僕じゃない気がする。

「中の男」
そんな漠然とした呼びかけ方があるか!

もちろん、この世界は広いので、関西弁のおじいさんから
「中の男やろ」と言われて、即座に「ハイそうです」と
答えられるツーカーの関係性があってもおかしくはないわけですよ。

でも、「中の男」という、極めて限定されたキーワードをたよりに
何度も電話をかけてくる、しかも朝の6時半に、っていうのは、
事情を知らない僕からすると、少なからず異様な雰囲気を感じてしまった。

おじいさんは、どんな理由で「中の男」と話したかったんだろう。
朝早くから何度も電話してまで話したかった「中の男」とは誰なんだろう。
今さらすごく気になってくる。

友人にこの話をして、「おじいさんに詳しく話聞けばよかった」と言ったら、
「それ首突っ込んじゃダメなやつじゃない? 世にも奇妙な物語みたいになりそう」
と言われた。なるほど、そっかそんなもんか。何かそんな気もする。
不思議な物事に興味本位で首突っ込んだために、トラブルに巻き込まれちゃう的な。

ささいな偶然で、普段はまず現れることのない「何か」が僕の前に一瞬姿を現した。
ん~、掴まなくてよかったような、掴んでおけばよかったような。
怖いけどのぞいてみたい、あなたの知らない世界。

日頃、直接にふれることのない、異物感や非日常感を、肌で感じた気になった。
なんだか普段動かしてない筋肉を動かして、筋肉痛になったような気分だ。


きっと、おじいさんには、
その行動に駆り立てられるだけの正当な理由があったんだろうなあ。
はっきり言って、なんだか狂気じみている電話だったので
「間違ってますよ」と伝えたときに逆ギレされるんじゃないかと
一瞬考えたのだけれど、予想に反して弱々しい声で謝られたのが印象的だった。


あのおじいさんは、「中の男」に出会えたんだろうか。



世にも奇妙な……




どうせ電話するならラブリーな方がいいに決まってる。








カテゴリー: Blog | コメントする

今年もやるぞやるぞの挨拶

気がついたら季節は冬だしもう年も変わってるよ。

やっほー2014年ですね。昨年はお世話になりました。
今年もハローホークをよろしくお願いいたします。

2013年は7インチをstiffslackからリリースできたことが
バンドとしては一番のトピックだったかなあと。
7インチ出せるとは思っていなかったので、stiffslackには感謝しかないです。
今度はディスチャの7インチが出るとか。楽しみすぎる。

昨年の今頃は、それこそリリース直前でそわそわしていたのに、
もうあっという間に1年経っちゃった! 早いもんだ。

さて僕ら、昨年から割と月1くらいで遠征ライヴをしていたんだけど、
今年も引き続き行きます。
1月京都、2月浜松、3月松本、あとは5月くらいにもまたあります。
今年も各地の友だちにお世話になること必至!
あなたの街にもハローホーク。もちろん首都圏にも出没。

2014的ハローホークは曲も増やして増やして
新たなリリースへと歩を進めてきたい所存ちゃん。
引き続き、もしくはよりいっそうのご愛顧を!


とりあえずの話として、ライヴの話をすると、
今月やるライヴ2本はともが偶然にもmanchester school≡のレコ発なんです。

*******************************************************************
◆2014年1月12日(日)
 @下北沢THREE

 manchester school≡
 ファーストシングル「雨の匂いEP」レコ発ツアー下北沢編
 “OMOIDE CITY BABY ATTACK TOUR”

 出演
 manchester school≡
 GORO GOLO
 Hello Hawk
 LARGE400
 おれ、夕子。(T.V. not january)
 でぶコーネリアス
 MANGA SHOCK

 【DJ】
 DJ LOS PYJAMA ST.(from 下北沢)

 OPEN / 17:30 START / 18:00
 ADV / 2000円 DOOR / 2300円 (+1Drink)



◆2014年1月25日(土)
 @京都UrBANGUILD
 「やさしい友達」

 出演
 manchester school≡(大阪)
 Hello Hawk(東京)
 half sports(東京、岐阜、愛知)
 homecomings
 odd eyes
 my ex

 OPEN / 18:00 START / 18:30
 ADV / 1500円 DOOR / 2000円(共にドリンク別500円)

*******************************************************************






manchester school≡、去年のMATSURIで初めて見て
すごくかっこよかったし、雨の匂いEPも素晴らしかったので
レコ発出られて嬉しいことこのうえないです。
はぁー楽しみだ。


ではでは、今年も何卒!


カテゴリー: Blog | コメントする

夏の終わりの日の午後!

先週日曜日は、下北沢SHELTERへお越しの皆さま、ありがとうございました。
企画は無事終了。

やー楽しかった。
出演者の皆さまもありがとう。

きっと良い組み合わせに間違いない!と、 思って組んでいても、実際どうなるかは、当日フタを開けなければわからないけど、やってみたら予想より良くて、さらに終わったあとに出演者どうしが良かったと言い合ってるのは、やって良かったなと思わせる光景なのです。お客さんに良かったと思ってもらえるのが当然前提だけども。(「良かった」の回数が多い)
早い時間に始める企画は初だったけど、なかなかいいものだった。昼からのライブだったから、みんな予定を後ろに入れてたり、もしくは合間に来てくれたり。

終わってもまだ明るい16時前から打ち上げて(雨ザーザーだったけど)、とてもいい雰囲気だった。結局21時過ぎくらいまで下北沢にいたから、これがいつもの夜のライブだったら終電逃してるな!と思うと、省エネ、もしくは、時空のねじれ、といった単語が頭をよぎったのだった。

打ち上げでは、oonoくんと、みなとまちトシくんがジョジョと銀牙の話で盛り上がってて、ここにも時空のねじれを感じて面白かった。

IMG_0994

IMG_0996

oonoくんの写真を撮り忘れたのと、ayUくんの新作テープを買い逃したのが心残り。


今回、そもそもYOU SAID SOMETHINGを呼んだのは、この前日に企画をやったヤマシュン氏のナイス英断だけれど、僕らも便乗して企画をやって良かった。
7月に呼んでもらえて、こんなすぐに共演できるとは思わなかったわけですよ。便乗しない手は無い! 今度は一緒に北海道を回れたりしたら楽しそう。

それはそれとして、またしばらく経って、このメンツで一緒にやったら面白いだろうと思った。その頃には色々と状況が変わったりしていて、きっといいと思う。
あと今回作ったフライヤー褒められたのも嬉しかった。また機会があったら作りゃす。

この企画の前日、YOU SAID SOMETHINGが出演した吉祥寺WARPと、企画の翌日、oono yuuki bandとbonobosの2マンも見に行ったら、何だかおこがましくもそこまでが1セットみたいな感覚(本当におこがましい)になったり。でも、この日のoono bandは本当に素晴らしかった。

企画の少し前から、夏っぽさが影をひそめてグッと涼しくなって、何だかんだ夏も終わり、という雰囲気が満ち満ちてきていた(YOU SAID~のメンバーは、それでも暑いと言ってたけど)。
それとともに、今年最後の自主企画ももう終わってしまうなー、と思うと、夏の終わりの今年の節目が重なって、何となく切ない気分にもなったのだ。センチメンタル!
毎年この時期は切なくなるように体ができているんだろうか。

去りゆく夏を名残惜しみつつも、またすぐに次の季節へと。

IMG_0998



次なるライブは
9/21のHalf Sports企画@名古屋 得三
9/22のみなとまちレコ発@新宿motion

お待ちしています!



カテゴリー: Blog | コメントする