出る出る!&ライフゴーズオン

出る出る!

ライヴのMCなどでは確信にギリギリ触れない上っ面スタイルでちょこちょこ言っていたけれど、発表されたんで言います。

関西のお兄さんことCARDとHello Hawkのスプリット7インチが出る!

7インチには、それぞれの新録曲1曲が収録。
付属のCD-Rには、その新録曲に加えて、おたがいの楽曲のカバーが入ります。

リリースはフロムstiff slack!
今回もカラーヴァイナルなので仕上がり楽しみです。

CARD_HelloHawk

ジャケットは、CARD作品のアートワークでおなじみの、椎木彩子さんによるものです。
まだ手に取ってないので楽しみすぎる。

収録曲などの詳細は追ってお知らせをします。
僕らの楽曲の2曲とも、my letterの小澤佐代子さんがコーラスと鍵盤で参加してくれてます。
ありがたや!

久々のリリースなので、楽しみに待っていてもらってほしい気持ち満載マイハート。
1月に出ます!(日付はまだ知らない)

レコ発もあるんで追ってお伝えしゃす!
今日はまだ特報だと思ってください。


そしてそして、もっともっと近いお知らせを。

IMG_7583

2015年12月23日(祝・水)
@新代田FEVER

“ バットライフゴーズオン ”

出演
東京スーパースターズ
SHIPYARDS
T.V.not january
Hello Hawk

OPEN/15:30 START/16:00
ADV/¥2000 DOOR/¥2500 (+1D ¥600)

CONTACT / butlifegoeson1223@gmail.com

TICKET / Web予約 / プレイガイド(ローソンチケット) L:75102

INFO / バットライフゴーズオン WEB

<前売り予約特典>
音源DLコード付きZINE

<出店>
LIKE A FOOL RECORDS
(レコードショップの出店)


<同時開催!>
“ バットライフゴーズオン 原画展 ”

12/19(土)~23(祝・水)
@POPO (新代田FEVER内 併設Cafe)

参加アーティスト

池田俊彦
牛尾友美
オカタオカ
小野友寛
木下ようすけ
東海林巨樹
鈴木侑馬
STOMACHACHE.
高森崇史(a.k.a DKXO)
仲村すなお
NANOOK
山田

(50音順)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


この企画名で企画をしたのがもう3年前。
そのときは東京SS、T.V.not januaryとの3バンド共同だったけれど、今回はさらに盟友SHIPYARDSを迎えて4バンド共同。そしてさらにノーゲストで4バンドのみ。挑戦!

3年経って、よりライフがゴーズオンして、オーバー30リアルライフ感も増しつつも、
がんばるわれわれを新代田FEVERまで見に来てほしいです。

(この辺の想いは、特典のZINEとか、公開中のラジオでも話してます!)



愛、それは予約。
予約、それは愛。
直前に受ける愛も等しく愛であるが、早くに感じられる愛は、より一層わたしの胸に響く。

何が言いたいかというと、ぜひ予約をください、ということです。



同時開催の原画展も、4バンドのジャケットやマーチャンダイズ(と言ってみたかった)を担当してくれたアーティストに、その原画を展示してもらうという、ナイスな試みで、なかなか見られるものでもないので、きっと良いと思います!
23日は、STOMACHACHE.や鈴木侑馬くんの物販もあります!


前売り特典のZINEも、スペシャル音源も何曲か入ったうえに、メンバーのコラムや、われわれとゆかりのある方々から「バットライフゴーズオン」についてコメントをもらっていたり、伊藤ちゃんのHello Hawkギタータブ譜が載ってたりもりもり沢山!



この日は、4バンドとも今年最後のライヴで、なおかつT.V.はしばらくお休みに入るとのことなので、それぞれの2015を感じられる演奏が聴けるんじゃないかと、僕自身も楽しみにしているのです。

われわれは7インチに入ってる新曲やります。いい曲です(自賛)。


なにはともあれ、12月23日、お待ちしています。
われわれがこれからもゴーズオンしていくためには
こういった企画はマストゴーズオンなのです。

新代田FEVERでゴーズオンしましょう。イエス!


みんなの割と最近のライヴ映像(良い感じのやつ!)があがってるのを貼り付けて終わります。


中塚 聡



















カテゴリー: Blog | コメントする

フロム京都から

夏本番! 海か山かプールか、いやまずは、本屋!
スチャダラパーを口ずさみつつ、こんばんは中塚です。

そんな感じであっという間に夏ですね。湿気でベッタベタ。
こないだ年が明けたと思っていたら、もう1年の半分が過ぎた。
個人的な感覚でいうと、夏が終わるとすぐ年末っていう気がするので
もうすぐ今年も終わるも同然。ボーっとしていると、
ビックリするような早さで一年が終わっていく……ああ無情。

ブログ書いてない間には金沢でのライヴがあったり、
あと何やかんやありました(適当)。金沢は最高でした。

そして5月頭からしばらくライヴをお休みしていました。
その間は、曲を作ったり、少々のレコーディングをしたり。
人目に触れてはいないながらも、何だかんだとやっておりました。

そしてしばらくぶりにライヴ!
そのライヴはコレ。my exの記念すべき2ndアルバムのレコ発!

***********************************************************************
2015年7月26日(日)
@下北沢 shelter

HOMEWORK ~my ex セカンドアルバム発売記念ライブ~

出演
perfect life
Hello Hawk
odd eyes
my ex


OPEN/START 18:30/19:00
ADV/DOOR 2000円/2500円(+1Drink 500円)

【ticket】
各バンド予約
SHELTER店頭
e+


20150726_flyer

***********************************************************************

ひと足先に聴かせてもらったニューアルバムが
とても素晴らしかったので、ライヴも楽しみ。そしてこの好メンツ!

my exとは、なんだかんだともう5年ぐらいの付き合いになりますね(odd eyesもそれくらい)。
お互い同じPOWER ELEPHANT!から1stアルバムを出したり、
人生の階段を上るのも見たりしつつ、この夏、素敵な2ndアルバムを
リリースしたことは喜ばしいことです。
われわれもがんばらねば。



夏フェス感には欠けるかもしれませんが、これはこれで確実に夏の何かしらを
届けられるライヴになるはずではと! イエス!




カテゴリー: Blog | コメントする

明日は金沢!

こんばんは中塚です。
気づいたら桜も散って、すっかり春。
と、思いきや寒の戻りでここ数日寒い。
冷え性気味なので、寒さはうんざりこのうえないのだ。


そして明日はHello Hawk初の北陸上陸ということで、金沢へ行くのです。
CARD兄さんの名2ndアルバム「Lucky Me」のレコ発、金沢編に呼んでいただきました!

———————————————————————————————-
15/4/11 CARD 『LUCKY ME』 release tour “day to day” (金沢)
2015年4月11日(土)
@金沢メロメロポッチ

CARD 『LUCKY ME』 release tour
“day to day”

出演:
CARD
Hello Hawk
ゆーきゃん
deafest
おばけのキーン
herpes
Monsoon Cinema

OPEN/START 16:00/16:30
ADV/DOOR 2300円(+1Drink)
———————————————————————————————-




大好きなCARD兄さんのレコ発なので、楽しみなことこの上ないです。
アルバム素晴らしいので、予習してぜひ会場へ!


バンドだけでなく、僕としても金沢は初なので非常に楽しみ。
北陸新幹線開通直後でさぞや盛り上がっていることでしょう。
あとスシが食べたいです。日本海の海産物を適度に浴びたい。


さて、そしてやはり金沢といえば、これ、
井上靖の小説「北の海」の舞台でおなじみですね(僕の中では)!
51AK86GRYTL (1)516X1JF8V3L


「北の海」は、「しろばんば」「夏草冬濤」に続く井上靖の私小説三部作の三作目です。
昭和初期、静岡県の沼津中学を卒業し、特に当てもなく母校の柔道部で
練習してはダラダラと過ごす主人公・伊上洪作は、金沢の四高の柔道部員から
スカウトを受け、四高の目指す「練習量がすべてを決定する柔道」に魅力を感じ、
まだ入学もしていない金沢へおもむろに向かい……というお話。

実家の本棚に偶然にもこの三部作があったため、
中学生の頃に3冊いっきに読んだ多感きわまりない中塚少年は、
その青春のすがすがしさと、出会いや別れの切なさに胸打たれ
非常に感銘を受けたというわけです。

タイトルの「北の海」というのは
主人公がもともと過ごしていた沼津の海と対比した金沢の日本海のことで、
作品中では城下町金沢の美しい街並みと、日本海や犀川が印象的に描かれています
(現・相撲協会理事長で元・横綱の北の湖のことではないよ!)。

とにかくこんなこともあってか僕の金沢に対するイメージはとても良いのです。
今回はたぶん時間がないと思うので、そんなに何したりということもできないと
思うのだけれど、個人的に行った際には、小説ゆかりの地や名所をめぐってみたいものです。

ちなみに僕が楽しみにしている北陸の海の幸ですが
この作品では特に海産物に関しては記述がなく、むしろ何かとすき焼きを食べてるので
「せっかくだから魚食えよ!」と、大人になった中塚少年は声をあらげそうになるのでした。
そんなこと言うようになっては青春のきらめきも台無しですね。
それにしても、昭和初期と今とでは海産物の位置づけが違うのでしょうか。
はてさて。


なにはともあれ、明日の金沢、お待ちしてます!





カテゴリー: Blog | コメントする