投稿者「中塚 聡」のアーカイブ

風邪気味からの失脚!

この月曜に、恥ずかしながらインフルエンザを発症しまして、ほぼこのウィークデイを棒に振りました。
月曜は、風邪気味だな~と思いつつ、薬飲んでマスクして普通に出社してたんですが、どうも風邪が、”気味”からジャスト風邪にシフトしつつあるなーと思ったその夜、僕の熱は地獄のように上昇しました。グーングン。

それでまあ翌日病院でインフル発覚し、薬(タミホー!)を処方され、飲み、解熱し、それからはアホのように寝ていたわけです。検査してインフルだとわかり、途端に隔離されるあの切なさったらない。

そしてまあー一日ってほっとくとあっという間に過ぎますね。3日間家にいましたが、あまりに実が無かった。わたくしは企業戦士として会社に戻るべく、また週末には一バンドマンとして仙台へ遠征すべく、休養に励んでいました。寝るしかない。じたばたしても仕方ないので、寝て起きて、録りためたブラタモリを見て、ラジオ聞いて寝てました。寝すぎて腰痛い。

ご心配をおかけしました。まだ病み上がり的なけだるさはあるのですが、無事社会復帰果たしたいと思います。明日は会社行くし週末は仙台行くぞ!

さて、前置き長くなりましたが、以下は、今週の月曜夕方くらいに仕事の合間に書いた文章です。書き終えた後で、手直しして夜アップしようと思っていたんですが、上に書いたように、インフルになり下がったわけです。インフル時代直前の、ある牧歌的な記録として、お読みください。

********************************************

「風邪風人間としての生きざま」

風邪を引いた、気がする。
全国的にインフルエンザが猛威をふるっているし、そうでなくても風邪流行りなこの頃なので、ご多分に漏れず、僕もいただいちゃったみたいです!ありがとうございます!
僕が働いてる職場でも、インフルーエンスしまくっていて、インフルではないものの、ついに風邪らしき症状が忍び寄って来たということです。ジーザス。

しかし風邪は、自らで「風邪である」ということを認めてしまった時点で初めて、風邪となって立ちはだかるもの。あらゆる物事は、そこに名前を付けられることで、初めて生が宿るのと同じこと。なので、僕はこれをあくまで風邪と認めず、「風邪風人間」を名乗って生きる日常キープオンなわけです。

昨日は、フラットライナーズ&room202企画でした。フラットライナーズの皆さん、「不運な人」のアルバム発売、改めておめでとうございます!
当然なのですが、バンドのあり方は色々で、それに対する好みも様々なわけで。
フラットライナーズは、マイペースだけれども、決して歩みを止めずに(ひょっとしたら時おり一服してるかもしれないけど)、じわじわと進んで、来たんだろうなあと思わせる、サウンド。
生き急いだり、激しい衝動に駆られて生み出される刹那的な美しさ、というものは、人を引き付ける強さがあるものですが、そうではない音、というか生き方にもまた同様に魅力があるもので。
他ならぬ自分自身が、刹那的なものに憧れながらも、そうできないという歯がゆさがあるので、そう感じるのかな、と思います。長くやったものにしか出せない味、というものを存分に浴びた気がします。

ドラムの岡田が、toddle/moolsのうっちーさんに、どうやったらバンドが長続きするんですか?と聞いたところ、
内「メンバーでご飯食べ行ったりしてる?」
岡「練習の後とか、だいたい行きますね」
内「それなら大丈夫」
と言われたそうです。
基本ながら、こんなことがとても大事。よし、今年もこれからも、やってやるぞと!ひゅー!

本当に昨日はroom202も、toddleもかっこよかった…。
そしてこの日は、何のメッセージ性もない、まじりっけの無い純粋な無意味MCができた、と密かに満足していたのですが、後で出てきたtoddle江崎先輩のあまりのスウィングっぷりに、実力の差を思い知った次第でした。

今週末は仙台です!バンドでは初!

2/19(日)
@仙台Birdland
ain’t me presents
『Being There』
-Hello Hawk「さかなの目」レコ発-

出演
Hello Hawk(Tokyo)
Ohayo Mountain Road(Tokyo/ex.ANSWER,BREAKfAST,NIAGARA33)
Maggie Loves Salt
ain’t me
ANSWER

OPEN/START 14:30/15:00
ticket ¥1800 (1drink in)

そしてさらに今週末に公開の、これも楽しみですなー。
僕は恥ずかしながら、石井監督作品は狂い咲きサンダーロードしか見たことは無いんですが、ひさ子さんが音楽を担当、しかもtoddleの曲が主題歌!
バウスシアターにて爆音で見たいぜ。


********************************************

ではでは、仙台、よろしくお願いします~!

カテゴリー: Blog | コメントする

正式には、連続テレビ小説っていうんだよね。

こんばんは、中塚です。

最近は、毎朝NHKの朝ドラ「カーネーション」を見ています。
これが、朝から泣かせる素晴らしい出来!
毎日たった15分間でこれだけドラマチックに見せるって、どんだけの手腕なんだと恐ろしいです。
そもそも朝ドラ見始めたきっかけは、見終わってから家出ると出勤にちょうどいいっていうのもあるんですが、前にやってた「おひさま」を、満島ひかり見たさで見だしたら、いつの間にやら習慣化していったのです。
おひさまは、初めは良かったんですが、どうも話が割と全体的にノペーッと平たい印象で、あまりグッとこなかったのです。特に後半。(あの火傷のエピソード何だったんだ!)
おひさまは戦前から始まる話だったのですが、ところどころで現代に話が戻るっていうのも、何だかまどろっこしくて、あまり好きではなかったです。
でも、ピエール瀧扮する同僚の先生が、戦争に行くシーンは泣けました。


カーネーションは、世界的デザイナーコシノ三姉妹を育てたお母さんの話を元にしていて、その主人公である糸子を、尾野真千子さんという女優さんが演じています。
尾野さんは、同じくNHKのこのドラマ出てましたね、って思ったら映画化されるんですね。


ちなみに僕これ、深夜の再放送で見てて、けっこう骨太で面白かったんですが、完全に渡部篤郎の独断場で、渡部篤郎のPVみたいでした。


僕は朝ドラについて、今まであまり見てこなかったので、詳しくはわからないのですけども、「カーネーション」については、朝ドラってこんなに暗かったり突っ込んだ表現すんのか!っていう印象がすごく強いです。
特に、戦時中、人がどんどん追い詰められて疲弊してく様子が、けっこう辛くなるぐらいの暗さで描写されてます。あんなに仲良かった幼なじみが精神を病んだまま戦死したり、そのお母ちゃんも精神を病んで絶縁したり…。戦後は戦後で、親友がパンパンになってたり、最近は最近で、許されざる不倫に突き進んだりしてます。

別に過激路線が売りとか言うことではなく、人が、自分のやりたいことを貫き通すということの業の深さとか、人の、多面的で、一筋縄ではいかないがゆえにめんどくさくもあり、愛おしくもあるとことか、とにかくガツッとキャラクターを深く描いてるのです。

あえて暗い部分出しましたが、糸子が、自分のやりたいことに向かって突っ走る姿は清々しいし、特に、想いをこめて服を作るシーンは、セリフがなくとも気持ちが伝わるものがあってとても好きです。最近あんまないけど。コミカルなシーンももちろんありますし。

脚本が、「ジョゼと虎と魚たち」や「その街のこども」などの脚本を手掛けた渡辺あやということで、これはやっぱり間違いないんだなと思った次第です。





もうだいぶ後半戦ではありますが、今からでも遅くは無い、「カーネーション」ぜひ見てください。何なら僕が直接前半部分を図解つきで解説します。この話を人としたいんです。

朝ドラって、もちろん時間的に見れない人もいるだろうし、何となく清く正しい、いかにもNHKらしい印象とかあって、抵抗ある人もいるかもしれない(俺もややその気がありました)んですが、(「おしん」とかそれこそ暗かったかもしれませんが)15分でこれだけ毎回素晴らしい人間ドラマ見られるなんて、かなり見直しました。
その、いわゆる「朝ドラ」的な感じを抽出すると、こうなります。このアロハのネタ最高です。

アロハ -コント「朝ドラ風女子」


ここに、奇しくもおひさまのヒロイン、井上真央が出ているのが、ちょっと示唆的ですね。ちなみにおひさまのヒロイン陽子のキメゼリフは「太陽の、陽子です!」でした。

はい!あのですね、こんだけ書いといてあれですが、2/12に新宿MOTIONでライヴです!フラットライナーズ先輩のアルバムレコ発ということで、room202先輩と、toddle先輩も一緒です!実はコレをやってから、しばらく都内のライヴないので、ぜひのお越しを。また近くなったらちゃんと告知しよ。

ではでは。

カテゴリー: Blog | コメントする

大阪よいとこ!

こんばんは。

ちょっと日が経ったけれども、1月8日は初の大阪で、なおかつ僕らのレコ発でした。呼んでくれた[0:24]の湯浅さん、ありがとうございました!after the greenroom(withデロッピーこうたろうくん)と1台の車を借りましてドンブラコと行ってまいりました。
まずは3連休の初日だった金曜の夜中に出発して、土曜の朝に大阪着。そっからスパワールドというスーパー銭湯でグテーッと湯に浸かったりしてました。あとで聞いたら、関西圏ではTVCMがバンバン流れてて、有名なとこだったらしいですね。館内は風呂が山ほどあってテンション上がりましたが、「アトランティス」(湯船の下が水槽になっていて、魚が泳いでる)が男湯に無かったのが残念でした。
この後、有名な肉吸いを食べに行こうかと思ったのですが、並びまくっていて断念。その代わり、焼きそば定食やら串カツやら、大阪っぽいものを食べて満足しました。たこ焼きも食べた。

炭水化物×炭水化物が生みだす至高のハーモニー!焼きそば定食!

ライヴをやったHOKAGEは、ステージが無くて程よい密着感のあるライヴハウス。スタジオライヴ的な雰囲気があって上がりました。
ライヴは、my letterが相変わらず良かったのです!ベースのおざわさんがキーボードを弾く新曲がかっこよかった。ずるいけどかっこいいぜ。新作音源が待ち遠しい。「もうひとつの10月に」は入るんでしょうか。入れてください。
いつも東京で一緒にやっているバンドを遠征で見るとグッと来るものなのですが、今回のグリーンルームも、例外なくグッと来ました。本当に表現力にあふれているなといつも思うし、実際に物語があふれ出しているバンドだなと思います。格別でした。
そしてこの日は何と言ってもThe Lions!!見たのは2年ぶりくらいでしたが、最高でした。やるせなさと疾走感と、思わず拳握らずにいられない。本当に稀有な存在です。最近はライヴ少ないそうなんですが、もっと見たいし、また一緒にやりたいと強く思いました。

この日の僕らは、どうだったんでしょうか。とりあえず楽しかったです。遠征したときにたまにある、フワフワした感じは無くて、割としっかりできたのではないかと思います。目の前でCARD先輩が見てたので緊張しましたが。

軽く打ち上げてnot great menの方々と刺身を盗み食いしたりした後、グリーンルーム細根が予約してくれたゲストハウスで一泊!快適でした。
翌日は特には決めてなかったのですが、念願のコレを食べに行ったら、満足しちゃって、気持ちよく大阪を発てました。
肉吸い!!
遠征したときに、こんなにド直球に地元で有名なもの食べたのもそんなに無かったのですが、うまかったです。肉吸いは、何かの説明に、「肉うどんのうどん抜きVer.」みたいなこと書いてあったんですが、お店には肉うどんもあったし、元は肉うどんだったのでしょう(後で調べたらwikipediaにもそう書いてあった)。うどんは無くとも肉がけっこう入っていて、お腹いっぱい。満足感フルでいただきました。

グリーンルーム(とこうたろうくん)ありがとう!TVとも去年一緒に静岡行ったけれど、2バンドでここまで長時間一緒にはいなかったので、なかなか新鮮でした。グリーンルームは3人とも仲良くて、仲良いがゆえに言いたいこともけっこう言い合っていて、そこが何か微笑ましいし、頼もしかったです。
また一緒に行こうね!

大阪は、まだまだ見たいもの食べたいものがありそうな雰囲気だったので、個人的にもまた行きたいなと思いました。ライヴで行くと、どうしてもなかなかのんびりとはできないので、そうしたとこを後日ライヴでなく訪れるっていうの、今後はやりたいです。


はてさて、僕らのネクスト遠征は、2/19(日)に、宮城県は仙台へ!これも僕らのレコ発!今回の大阪もですが、アルバム発売してから半年以上も経って年明けてからも、こうしてレコ発組んでもらえるというのはとても嬉しいです。じわじわっと日本各地と細い線でしっかりとつながる感じ。
アルバム「さかなの目」、長めに愛してもらえるとありがたいです。

そして仙台には、ハローホークの遠征レギュラー、千葉が生んだテキトー王子こと山川選手をドライビングスタッフとしてフィーチャリングして行きます。

今年は今のところ、あと遠征は3/24京都、3/25名古屋と決まっていますので、各地の皆さまよろしくお願いします!

上にも書いた、僕が好きなmy letterの曲で、おやすみなさい。

カテゴリー: Blog | コメントする