投稿者「中塚 聡」のアーカイブ

ゴーズしてオンしてまたオンしてゴーズ

思ったよりも秋になっている今日この頃。
って、もうすぐ11月だよおい。
僕が育て始めたシイタケも、収穫が一度終わり、二度目も終わり、
今は三回目の育成期間に入ったところ。
シイタケで知る時間の流れ。
気がついたころには街はイルミネーションでキミはイリュージョンになっていることだろう。


今さらだけれど、先週は企画へお越しいただいた皆々さまありがとうございました。
今回、けっこうハッスルして広めにFEVERでの開催だったので、内心びくびくしていたところ、結果的にたくさんのお客さんに来てもらってありがたい限りでした。友だちもたくさん来てくれたな。
皆さまの心のすきまに、ふわふわのシイタケがそっとしまわれた夜になったならばとても幸いです。
(前回ブログ参照)

ふゆやすみこじん、malegoatもありがとう。
ふゆやすみが会場全体をゆっくりやさしくあたためたところで、malegoatが爆音で火をつける。
何だか最高のゲストに彩られて良い流れが生まれてた、のではないかと思ってます。
さすがに出番前は緊張はしたけれど、打ち上げまでずっと、楽しかった。

東京SSが活動止まったときは、またこうやって企画なんてできないだろうと思っていたし、正直、活動再開したとしても、果たしてまた企画一緒にやるんだろうか、と思っていたところが実はあって。
でも、やっぱりやらない選択肢はなかったし、「ドアー」の轟音のなか絶叫する仲野くんを見て、ああ戻って来たんだなと思った。
と同時に、披露された新曲は、新たな東京SSを感じさせるに十分なものだった。
この2年半、止まっていたように見えて、彼らもまたゴーズオンしていたということですよ。


ライヴが終わった直後に、またこの企画やりたいな、と思ったし、実際3バンドともみんなもそう口にしていたので、これはぜひまた続けていければなあと思っている。
願わくばこれからは、誰かの復活とか休止とかメモリアルなタイミングじゃなくて、それぞれが活動を続けていく中で、程よいタイミングでまたやっていけたらなと。バットライフゴーズオンという企画名にふさわしく、バンドも含めて生活の状況が移り変わっていきながらもゴーズオンしていける企画になったらばいいです。



とか何とかちょっとエモいこと言っておきながら、
今週すぐ、「東京にもあったんだ」で東京SSは対バンするっていう!
TV出ないけど池田くん出るしね。
何なんだ! でも最高! ハタノくん、メテオナイトに引き続きありがとう!

そう、今週土曜こと10/27(もう明日か)は、昼間が渋谷WOMBで、東京にもあったんだ! 2012
その夜は、池袋music orgで、しばたさおりさん企画、ということです。
東京にもあったんだは、クラブ開催だし、山ほどバンド出るわで、またハチャメチャで面白そう。
夜の池袋の方は、ギュッと4バンドで濃密な感じ。told久々の対バンで楽しみだな~。

どちらも、予約待ってますんで、ぜひぜひよろしくお願いします。


バット ライフ ゴーズ オンって言葉聞くと、何かこの曲を思い浮かべる。
今年はよく聴いている。名曲。




ではではまた、ライヴハウスなどで。


カテゴリー: Blog | 1件のコメント

それでもライフはゴーズしてオンして

最近、人に勧められて、簡単にシイタケが栽培できるキットみたいなものを買ってみた。
僕の部屋の隅で、シイタケくんが早速ニョキニョキと成長しだしていてほほえましい。
収穫したらとりあえずは、バターと醤油で炒めてやろうかなと思案。
キノコは一回収穫しても、また何回か生えてくるそうだ。
食べては生えて、生えては食べ食べては生え―、繰り返すこのポリリズム。
本当の意味で「食べものを作る」というところからは程遠いとは思うのだけれど、それでも、その喜びを感じられる入り口としては、役割を果たしている気がする。

シイタケくんが(たぶん)がんばって、一生懸命に生えてくるところも健気でいい。
こちらは最低限の労力しか費やしていないのに、彼はあふれんばかりの生命力を発揮して期待に応えてくれる。
秋は収穫の季節。きっと僕の収穫心を目いっぱいに満たしてくれるんじゃなかろうか。
シイタケと僕、お互いの気持ちに呼応し合う、友情にも似た関係性(という名の思い込み)!
僕は今、ぽっかりと空いた心のスキマに、せっせとシイタケを詰めている!
例えその穴が広がっても大丈夫! シイタケは、また生えてくる。
僕の目からは思わず、熱くてキラキラした液体がこぼれ落ちる。涙は最高の調味料。
シイタケくん、おいしくいただくよ!


そんなこんなで、来週末、10月20日は共同企画です。


東京スーパースターズと、T.V.not january と、僕らハローホークで催す、
” バット ライフ ゴーズ オン ” 。

自分たちがまだ活動始めたての3、4年くらい前に出会って、リスペクトとシンパシーとほのかなライバル心を抱きつつ仲良くなったわれわれ。
色々やっていく中で、偶然にも重なった、ハローホーク/東京SSのスプリットCD、TVの1stアルバムリリースタイミングで、勢いに身を任せて共同企画を催したのが、今から2年半前。
そこから活動を止めていた東京SS。
対バンの機会も多かったし、ライヴもよく見に行きあっていて、付き合いが深くなりつつある頃だったので、活動休止は、単純にとても寂しかった記憶がある。

そしてこの度、メンバー変わりつつ(カワマタ → ミッチー)再始動となり、いま再び催す共同企画、が今回の企画です。

東京SSウェルカムバック的な意味合いもありつつ、でも今の僕らを見せる場であり、また、まだまだやっていくぜという気持ちを込めた場でもある、のではないか。

何はともあれ楽しみに来てもらえたらばと思います。
ゲストは、malegoat と、ザ・なつやすみバンドの3人編成Ver.こと、ふゆやすみこじん!
もちろん好きであるから呼んでいるということは当然であるとして、5バンド並べたときに、ゆるや~かに繋がっているような感じ、というところ、と、あとなんとなくの同世代感。これがキーとなってのこのメンツ。一堂に見れるのが楽しみすぎる。

バンドをやっていようがやっていまいが、アップもダウンもあるのが人生で。
だからこその、バットライフゴーズオンという言葉。

されど、人生は続いていく。
ポジティブな言葉と捉えれば、とても前向きで力強いし、
ネガティブに受けとれば、これ以上ないくらい残酷な言葉だ。

どんなことがあっても人生は続いていく。
寄せては返す、波のように。食べてはまた生えてくる、シイタケのように。

心のスキマに、そっとシイタケを詰める、そんな夜になればいいなと、思っている。

予約を待っていますよ!


去年の僕らのレコ発ライヴの映像が、youtubeにアップされています!
撮影は、ツッチー! 1年くらい経っちゃったけれども、自分らで言うのも何ですが、いい具合です。

Hello Hawk / 天井と床


お待ちしています!


カテゴリー: Blog | コメントする

そう、だから今日も、淡い想いが口中を満たすんだコノヤロー

季節はすっかり秋だけれど、僕はまだ歯医者に通っている。
最近は月に一回程度。

こないだ行ったら、医者から、
「奥歯が当たることで、舌の側面が傷ついているから、当たらないよう気をつけてね」と言われた。
医者が言うには、舌が傷ついてるのをそのままにしておくと、
色々と厄介なことになって、最もひどいとガンになってしまうとかとか。
当たらないよう、いずれ歯の処置もするけど、まずは自分で当たらないようにしてみてとのこと。
なるほど気をつけねば、と思ってみたものの、そうなってから、
今まで気にもしていなかった「舌の置き所」が気になりだしてしまった。
普段生活してて、口の中で舌をどうしてるかなんて、意識しない。
しかし一度気にしてしまうと、あれ? 舌って口の中でどう収納してたんだっけ?
わかんなくなってしまった。
奥歯に当たらないようにと考えれば考えるほど、置き所がよくわからない。
自然な置き場所ってどこだ?
ん? ん? と思いながら、口の中で舌を転がす。
よけいに歯に当たってるような気がする。ん?

それはまるで淡い恋愛みたい。
「○○ちゃんが、中塚くんのこと、気にしてたよ」
そんな友人のいたずらなひとことから、世界の見え方が急に変わる。
今まで気にならなかったあの人を意識して、ドキドキする。
今まで自然に話せていたのに、どうやって話していたかわからなくなる。
そのうち、寝ても覚めても、ご飯食べてるときも、ずっと頭から離れない。
「気になられて気になっちゃった」パターン。
平静を装いながら、話しかけて、ちょっとギクシャクしちゃったり。
意識しだしてから、目が合う回数が増えた気がしてきたり。
あ~いいな~ テンプレートのような淡さと甘酸っぱさ。

僕個人でいうと、これはだいたい勘違いのパターンが大半なものだ。
すげー目が合う! って思ってても、こっちが見すぎてたっていうオチだったり。

でも今は、勘違いなんかじゃないって確信してる。


あいつ(奥歯)、俺(舌に)のこと絶対好き(当たってる)だぜ。

実際、奥歯が舌に当たってちょっと痛いのも、まるで想いが実らなくて胸が痛む恋愛みたい☆
傷つけるとかなんとか言ってる辺りも、ちょっと恋愛っぽいし☆
などと言っている間にも、奥歯が当たりかけているので、
僕は今日も舌の置きどころという、見えないゴールを求めて彷徨い続けるのだ…。

無意識下の物事、もしくは見ていなかった物事に、ふいにスポットライトが当たったとき、
ついつい冷静さを失ってしまう。いざというときでも落ち着き払って対処する余裕が欲しい。
達観は、数百万光年の彼方。


ちなみに僕は、歯医者での襲撃シーンがエグいという評判から、
北野武監督「アウトレイジ」を、いまだ見れないでいる。
だって歯医者が怖くなったら嫌じゃないか! コノヤロー!


でも「ビヨンド」も見たいので、意を決してそろそろ見ようかとも、思ってます。


カテゴリー: Blog | コメントする