半ズボン少年 大いに冷える

もうすっかり季節は冬。
冬になるとふと思い出すのは、自分の小学生時代。
僕はそのころ、冬でも半ズボン履き通す少年であった。

今でも時おり見かけるけれど、真冬でも薄着の少年が、学年に1人か2人くらいはいたような記憶がある。僕は下が半ズボンなだけだったけど、半袖で貫き通すやつ、半袖&半ズボンのダブルコンボをキメる猛者、いろいろいた。僕も、きっかけは全然覚えていないけれど、なぜか小学校低学年から5年生くらいまで、夏でも冬でも半ズボン少年であった。

「冬でも薄着派」の少年。実際寒くはなかったんだろうか。
「冬でも薄着派」派閥の中でも、いかにも寒さに強そうな健康優良児的な少年は、実際に体温高いがために半袖着てそうな説得力があった。力士が冬でも薄着なのと同じで。

ただし僕について言えば、完全な痩せ我慢だった。どう考えても寒かった記憶がある。
真冬の朝、サッカーボールが太ももに、バチーンと当たったときのあの痛みを、いまだ覚えている。
それでも全然痛くないし少しも寒くないわとうそぶいて意地を張るのが半ズボン少年としての宿命と思っていた。なので、誰に頼まれたわけでもないのに、やめるわけにはいかない、と、勝手に自分が作り上げた見えない敵と戦っていたのだ。

そして冬に薄着でがんばっていても同級生からは特に褒められなかったけれど、なぜか大人たちからは好評だった。
真冬に半ズボンで外を歩けば「ボウズ、がんばってるな」「あらまぁ、寒いのにえらいわねぇ」
そんな言葉をかけられたりして。僕は、鼻息も荒く、誇らしい気持ちになったものである。
大人に褒められる、それはなんともいえない喜びがあった。こんな程度のことでも、大人に認められたことで、僕はとてつもない優越感を感じられて、周りに差をつけたような気持ちになれた。ほんと、当時を思い返すと、子供特有のいやらしさを固めて丸めたような性格していたなと思う。
褒めがほしいという純然たるやらしい動機が、真冬の寒さでも半ズボンを履くというよくわからない行為に、僕を駆り立てていたのだった。

とはいえ、今となっては、褒めをねらって薄着になるのもなんだという話だ。薄着だからって褒める大人っていうのもなんなんだという感じもする。
冬に薄着でがんばるのが男子ばっかりで、女子にはほぼいないっていうのも、小学生時代の男女の違いを如実にあらわしてるなあ。

冬でも半ズボン少年だった僕は、今やヒートテックが手放せない、冷え性気味の大人の男になってしまった。半ズボンでがんばった我慢が、今に生きてないことこのうえない。
もしかして寒さに耐えてがんばり続けていたら、今ごろ冷え知らずだったのかもしれない。
すべては、僕が脱ぎ捨てた半ズボンとともに消え去った。

手足が冷える切なさを抱えて生きる今の僕を、あの日の半ズボン少年はどう思うのだろう…。


さ、今日20日と翌日の21日。年末の土日に連続でライブなので、ぜひ!
と、思ったら20日はソールドアウトしたそうな。当日券の有無は池袋ORGへお問い合わせお願いします。オルグもかなりお世話になったけれど、今年いっぱいで閉店とのことなんで、寂しさありますね。

————————————————————-
◆2014年12月20日(土)
@南池袋music org

my letter 1stアルバム レコ発企画

出演
my letter
ゆーきゃん
Hello Hawk
H MOUNTAINS
Taiko Super Kicks

OPEN / 17:30 START / 18:00
ADV / 2000円 DOOR / 2500円 (+1drink)



◆2014年12月21日(日)
@新宿studio node

BLACK HOLE presents…

出演
Hello Hawk
POSTER(member from OFFICE VōIDS+ex-TRADEMARKS)
sweat.(member from car10)
yep(from愛知)
おれ、夕子
The Doodles

OPEN/START 16:00〜
ADV/DOOR 1000円

————————————————————-

今週末で、好きなドラマ「ごめんね青春!」が終わってしまう…。
青春のあるあるとツボをついたギャグと、愛せるキャラクターたちと、ちょっとホロッとくるストーリーと。とても面白かったし毎週楽しみだったので終わりが寂しい。
見終わっても、その俳優のことを役名で呼びたくなるドラマとか映画はいい作品だなと思うけど、自分の中ではそれでした。またあいつらに会いたくなる的な。
いろいろ出演者が魅力的だったんですが、中井さん役の黒島結菜がすごくかわいかったです。






そんなこんなで、またお会いしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。