明日は金沢!

こんばんは中塚です。
気づいたら桜も散って、すっかり春。
と、思いきや寒の戻りでここ数日寒い。
冷え性気味なので、寒さはうんざりこのうえないのだ。


そして明日はHello Hawk初の北陸上陸ということで、金沢へ行くのです。
CARD兄さんの名2ndアルバム「Lucky Me」のレコ発、金沢編に呼んでいただきました!

———————————————————————————————-
15/4/11 CARD 『LUCKY ME』 release tour “day to day” (金沢)
2015年4月11日(土)
@金沢メロメロポッチ

CARD 『LUCKY ME』 release tour
“day to day”

出演:
CARD
Hello Hawk
ゆーきゃん
deafest
おばけのキーン
herpes
Monsoon Cinema

OPEN/START 16:00/16:30
ADV/DOOR 2300円(+1Drink)
———————————————————————————————-




大好きなCARD兄さんのレコ発なので、楽しみなことこの上ないです。
アルバム素晴らしいので、予習してぜひ会場へ!


バンドだけでなく、僕としても金沢は初なので非常に楽しみ。
北陸新幹線開通直後でさぞや盛り上がっていることでしょう。
あとスシが食べたいです。日本海の海産物を適度に浴びたい。


さて、そしてやはり金沢といえば、これ、
井上靖の小説「北の海」の舞台でおなじみですね(僕の中では)!
51AK86GRYTL (1)516X1JF8V3L


「北の海」は、「しろばんば」「夏草冬濤」に続く井上靖の私小説三部作の三作目です。
昭和初期、静岡県の沼津中学を卒業し、特に当てもなく母校の柔道部で
練習してはダラダラと過ごす主人公・伊上洪作は、金沢の四高の柔道部員から
スカウトを受け、四高の目指す「練習量がすべてを決定する柔道」に魅力を感じ、
まだ入学もしていない金沢へおもむろに向かい……というお話。

実家の本棚に偶然にもこの三部作があったため、
中学生の頃に3冊いっきに読んだ多感きわまりない中塚少年は、
その青春のすがすがしさと、出会いや別れの切なさに胸打たれ
非常に感銘を受けたというわけです。

タイトルの「北の海」というのは
主人公がもともと過ごしていた沼津の海と対比した金沢の日本海のことで、
作品中では城下町金沢の美しい街並みと、日本海や犀川が印象的に描かれています
(現・相撲協会理事長で元・横綱の北の湖のことではないよ!)。

とにかくこんなこともあってか僕の金沢に対するイメージはとても良いのです。
今回はたぶん時間がないと思うので、そんなに何したりということもできないと
思うのだけれど、個人的に行った際には、小説ゆかりの地や名所をめぐってみたいものです。

ちなみに僕が楽しみにしている北陸の海の幸ですが
この作品では特に海産物に関しては記述がなく、むしろ何かとすき焼きを食べてるので
「せっかくだから魚食えよ!」と、大人になった中塚少年は声をあらげそうになるのでした。
そんなこと言うようになっては青春のきらめきも台無しですね。
それにしても、昭和初期と今とでは海産物の位置づけが違うのでしょうか。
はてさて。


なにはともあれ、明日の金沢、お待ちしてます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。