投稿者「中塚 聡」のアーカイブ

欲しいもの、それはさわやかな目覚め!

昨日、久しぶりに、やってしまった。
そう、それは寝坊。NEBOU!

パッと起きたら、いつも起きる時間を2時間も過ぎている!
それはすでに会社にいなければいけない時間。

飛び起きるやいなや「アッいっけねー!」と自分の頭をゲンコツで軽くたたく(と同時に舌をペロッ)。慌ててYシャツを着ようとするけれど、焦っているのでボタンをはめるのに手間取ってしまう。なんとか着替えて、「味噌汁くらい飲んでいきなさい!」という宮崎美子似の母の声を背に、食パンを口にくわえながら顔も洗わずに家を出る。髪は寝ぐせでボサボサだ。食パンをモグモグと半分くらいまで食べながらも、全速力で走る。あともう少しで駅だ! そう思いながら減速もせずに角を曲がった瞬間、
「アーッ!!」
角の反対から走ってきた能年玲奈似の女子高生と思いっきりぶつかった!
ドテーッ!!
「イッテテー」

などと、いうようなことも一切なく、フツーに家を出て、急いで駅に向かって電車乗った。だいたい僕は一人暮らし。会社行ったら、社内は「まあそんなこともたまにゃーあるよな、ハハハ~」ってな感じの反応だった。拍子抜け。急な案件が無いタイミングで良かったと胸をなでおろす。

ガツッと寝坊したのはけっこう久しぶりで、寝た時間とか目覚ましとか、まったくいつも通りで、それでいて起きられなかったのが不思議でならない。目覚ましなんてそれこそ何回も鳴らしてるのに。しかも、そのうちのひとつ(ケータイに入れている目覚ましのアプリ)は、アラームが鳴りだすと、簡単な計算(7+8とか9-4とか)を3つ解くまでは止められず、なおかつ音量がどんどん大きくなっていくというもので、いつもだいたいこれをやってるうちに起きる。

以前、いつもより早い時間に家を出て電車に乗った際に、これが鳴りだしたことがあって、しかもアラームの音をこともあろうにニワトリの鳴き声に設定してあったので、車内中にコケーコケーという声が大音量で鳴り響いて恥ずかしい思いをした。そのときは焦ってワタワタししてまい、電源を切って事なきを得た(焦った要因のひとつとして、通学のラッシュに乗り合わせて女子高生が多くて緊張したというのもあった)。

とにかく、昨日もその目覚ましを寝ぼけ眼で、ポチポチボタンをプッシュなう(©Perfume)して計算を解いた記憶もあったのだけれど、眠りを完全に覚ますには至らなかった。


気のユルみ、ふとしたあやまち、神の見えざる手…。アラームがアホほど鳴り響くなか、起きられないこと関して、我々はどのような明確な理由を求めたらよいのだろう。
大体いつも、遅刻するほどの寝坊はしないまでも、目覚ましが鳴って一発で起きるようなことはまずない。鳴って鳴って鳴りちらしたあとに、何とか起きているのが現状なのだ。

ああ、目覚ましの進化を求めたい。何が最も心地よく、かつスンナリ起きられるのだろう。ギャンギャンとした音にさいなまれながら、低いテンションで目を覚ますのはもう嫌だ!

そう、前書いたみたいに、剛力彩芽本人もしくは剛力彩芽似の美少女に、鼻をツンツンやられるという寝起きを得られたなら、それはもうスムース極まりない目覚めであろうとは思う。そういうアプリはまだか。でもアプリじゃ味気ない。そうするとそれはもう目覚ましとかどうのじゃなくて、そういう人とそういう生活を送らないといけないからもはや同棲とか何とかの話になってくるわけで、がんばれよ俺っていう、ところにしか帰結を見いだせない。むーっ。

まあ結局、この問いに対する正解は、つべこべ言わずに早く寝ろということしかないのか。
がんばれ俺!

Waking Up Is Hard To Do – Bloodthirsty Butchers
目を覚ますことがとてもツラいんですよ。


ちなみに余談ですが、この前日のこと、すごく早く仕事をあがれたので、赤坂で七尾旅人とチャットモンチーを見に行き、その興奮で寝坊したかも説、もある。チャットモンチーの、どうにもこうにも二人でもやってくぞという決意が見える演奏は、胸を熱くさせるものがあったし、七尾旅人は、サーカスナイトという曲がとにかく素晴らしくて、この一曲を聴くためにも、今度出るアルバムを買う価値があると思えた。良いライヴであった。興奮していたのかな。

サーカスナイト-七尾旅人

この日は、弾き語りの途中からトラックがついたバージョンになだれ込んで、またそれが素晴らしかった。


さあ今日は早めに寝よう。

カテゴリー: Blog | コメントする

実録! ライヴ初めて物語

こんばんは。

まずここでご報告です。
こないだ書いたブログで、「乃木坂ってどこ」を毎週見る!と書いた矢先、昨日の放送を見逃すという、凡ミスをかましたので、来週分からは予約録画をキメときました。


さて先日、大車輪でおなじみのケーイチくんがやってる、新体制になったジッパーズのライヴを見に行ってきた。新ボーカルうらいちゃんはジッパーズ入って初ライヴである以前に、そもそもバンドやることライヴをやること自体が初ってことで、まさに人生初ライヴを目撃したことになる。初ライヴの割に初々しさより堂々さが勝ってたという、そんな初ライヴを見つつ、自分の人生初ライヴってどんなだったかなーと考える。

僕がイメージする人生初ライヴは、とても輝きに満ちている。バンドを始めたばかりの頃なんて、きっと音を出すだけでも楽しいし、人前で演奏するっていう非日常感がもたらすドキドキ感もすごくあるハズ。映画「リンダリンダリンダ」の演奏シーンのような、あのみずみずしさ。バンドをやってる人にしかわからない感覚だ。それだけに、初ライヴの思い出は、キラ星のように輝いているんじゃないだろうか。

で、実際自分の人生初のライヴの思い出がキラキラしているかというと、そうでもない。
僕の人生初ライヴは、高3の文化祭でやったコピーバンド。スリーピースで、ペンパルズとかハイスタとか、色んな曲をコピーした。ベースの僕とギターのソウちゃんは全くの初心者だったので、演奏はろくにできず、ライヴを見てる人もそんなにいなくて、反応もあまりなかった。初期衝動的な楽しさはあったとは思うのだけど、それ以上に、全然うまくできなかったなーという後悔があったのは覚えている。あと、モテると思ってたけど、モテなかったということもしっかりと覚えている。ああモテたかった。今もモテたいゾ!

なので、初ライヴの思い出は、キラキラというよりモンヤリっていうイメージが強い。
実際のところ、気合いを入れてやったバンドよりも、全然やりたくなかったクラスの出し物の演劇で出た役の方がウケたりして、複雑な高3の秋だったわけですよ。

ただ、悶々としてた高校生活で、音楽の話ができる友だちがやっとできたことと、「俺でもバンドやれた!」という事実は確実に大きかったし、これがなければ今も無いという気はするので、今につながる貴重な「なにか」ではあったのではないかと思う。そう言うとかっこいいなオイ!

初ライヴの思い出がキラキラしているというのは、そうであってほしい、という僕の勝手な幻想です。自分が、「初ライヴのあの感覚が忘れられなくて、今も続けてるんです」みたいな感じでもなかったので、そうであったら良かったのに!と、いう希望。きっと、その瞬間から人生がスパーンと変わる!みたいな、衝撃を求めていたんです、刺激がほしかったんです。
「リンダリンダリンダ」が、完全にカタルシスを得させない感じで終わるのも、結局非日常の後も続いていく終わりなき日常があるんだよ、というのを提示したかったんじゃなかろうか。

何かを続けるためには、得られるものがあるということだけでなく、やはり得られ続けない何ものかがあるということが、大きなモチベーションになる、のではないか。これも、そう言うとかっこいいなオイ!

クラスの劇の方に入れ込んでいたら、それはそれで違った人生があったのか。
ちなみにそのとき僕に与えられたのは「説明する人」という、本当に話の筋と関係ない役だったという。
大きな蝶ネクタイつけて薄ら笑いしてました。

これが原点!

カテゴリー: Blog | 2件のコメント

豊島区と港区に愛をこめて

こんばんは。

日曜日は池袋はmusic orgでライヴをしていまして、何だかんだと、ここ3ヶ月は毎月music orgに出演の機会があったので。まさにオルグ強化月間!とも言うべき3ヶ月だった。強化月間無事終了せり。毎月それぞれけっこうバラエティー豊かで、なおかつあんまり頻繁に対バンしなかったり、初めてな共演者ばかりで、なかなか刺激的に楽しんだ3カ月だった。呼んでもらう企画に恵まれているなー。

初めて見たNRQ、素晴らしかった。


よく、共演した人にもお客さんにも「どこでよくライヴやってるんですか?」と聞かれることがあって、そんなに普段決まったとこでライヴをやっていないため、返事に困って「エヘヘヘヘ」と不気味にお茶を濁して変な感じになるのだけど、今年はオルグ多いので、ここからしばらくは「豊島区!」と即答しようと思った。ちなみに去年は、吉祥寺WARPが多かったので「武蔵野市!」が正解。

これまでの人生、池袋にはあまり縁が無く、実際来る機会もほとんどなく、あとあのドラマとかで印象付けられたダーティー&ハードなイメージから、この街を避けてきたというのが正直なとこでした。なんせ生まれは湘南で現在は世田谷区在住な僕なので、クリーン志向なのだ(思い上がり)。しかし昨年オルグができたことによって飛躍的(当社比)にブクロへ来る回数が増え、いよいよこの街とも真剣に向き合う時が来ているわけで、ヘラヘラしてはおれん、これからはこの街を好きになる努力もたくさんしていこう☆と心に決めたのだった。

この日はオハヨーマウンテンロード酒井さんと、乃木坂46の話をしたのがとても面白かった。
「乃木坂の曲にはナイアガラサウンドを感じる!」と力強くおっしゃていて、確かに「ぐるぐるカーテン」はそれを感じさせる良曲!

それでその日は帰ってから、乃木坂46と大滝詠一を、youtubeやらitunesやらを漁って見たり聞いたりしていたのだけれど、乃木坂のこの方がすごくかわいいという事実に突き当たり、曲の探索はストップせざるを得なかったことをここにご報告します。
しかも三木聡!

文学少女という点もポイント高いです。
僕も、酒井さんが毎週見ているという「乃木坂ってどこ」を毎週見よう、と誓ったのは言うまでもない。

そしてオハマンは7月7日にも対バンするので、楽しみなのです。(もちろんこの日のライヴも素晴らしかった)


この日、去年の伊豆フェス以来にライヴを見たOTOTOI GROUPも最高だった。アルバムも速やかに購入。同世代(華の58年組(自称))から漂うこのオルタナティヴ感は、たまらない!

ぜひまた共演したい。

そして台風の中わたくしはもの思いにふける。
ではまた。

カテゴリー: Blog | コメントする